VMwareを用いたクラウドサービスとVMware Cloud on AWSに対する取り組み

2019年11月12日と13日の2日間にわたってVMware社主催のイベント「vFORUM 2019」が開催されました。弊社山本のセッションを元に、VMwareのテクノロジーを用いたIIJのクラウドサービスの概要と、VMware Cloud on AWSに対する取り組みをご紹介します。

vSphereをサービスとして利用できるIIJ GIO

IIJが提供するクラウドコンピューティングサービス「IIJ GIO(ジオ)」には、vSphereをサービスとして利用できる「IIJ GIOインフラストラクチャーP2 VWシリーズ」があります。そのサービス提供規模は、アジア最大級です。vSphereをクラウドで利用できることから、オンプレミスの仮想マシンを移行するニーズが多く、移行ツールとインテグレーションも含めて提供するメニューも用意しています。

IIJ GIOとVMware Cloud on AWSの関係は?

vSphereをそのまま利用できることから、VMware Cloud on AWSと競合するサービスと思われがちですが、実際は1つの選択肢として両立できるサービスです。

大きな違いを見てみましょう。IIJ GIO VWシリーズの特徴には、1ホストから利用できる点、特に利用規模に応じて使い分けが可能である点や、vSphereの管理者権限まで含めて提供される点があります。もう一方のVMware Cloud on AWSでは、vSphereのバージョンアップが不要な点が特徴としてあげられます。

VMware Cloud on AWSは他にも、ネイティブAWSの機能との連携や、HCXを利用した無停止の移行などが実現できる点も強みでしょう。IIJ GIOとVMware Cloud on AWS、それぞれの特徴を活かせるよう、要件に応じて選択することが重要です。

IIJは、VMware Cloud on AWSのマネージドサービスプロバイダー(MSP)契約を締結しています。構築、移行支援、運用、サポートまでフルラインで提供が可能です。

マルチクラウドのユースケースと課題

使い分けという観点で、IIJのユーザではパブリッククラウドとVWシリーズを組み合わせて利用するケースが増えてきました。例えば、基幹系・既存システムの移行先としてVWシリーズを利用し、その他新規システムはAWSやMicrosoft Azureなどのパブリッククラウドを利用するパターン。また、社内・社外とのコラボレーションツールとしてOffice 365などのSaaSを活用するケースなどが典型例です。

クラウドサービス併用の懸念とIIJの解決策

しかし、このようにクラウドサービスを併用すると、ネットワーク、セキュリティ、運用、スキルを持ったエンジニア、それぞれがサイロ化してしまう懸念もあります。

そこで、IIJではそのサイロ化を防ぐサービスをラインアップし、提供しています。

そのサービスコンセプトが”One Cloud”です。IIJでは、クラウド、ネットワーク、セキュリティ、システム運用やそれらのインテグレーションなどの各種クラウドサービスをワンストップで提供しています。それによって、マルチクラウド利用の課題を解消しつつ、最適なクラウドサービスを提供しているのです。