Microsoft 365など法人向けラインセンスが20%値上げ【2024年4月から】

IIJ サービスプロダクト推進本部 プロモーション部 マーケティング課

大利 真弘(まっちゃん)

ChatGPTにニックネームを相談したところ、『「真弘」を「まっ」と略して、親しみやすさを表現した“まっちゃん”がおすすめ』と提案してくれたため採用しました。
サウナをこよなく愛し、全国の有名施設を休日は開拓しています。整うことが大好きなIIJのマーケティング担当です。

執筆・監修者ページ/掲載記事:4件

こんにちは、マーケティング担当のまっちゃんです。

突然ですが皆さん、Microsoft 365は使ってますか?IIJでは、2017年からOffice 365(現在のMicrosoft 365)サービスの利用を開始。私も日々チャットやWeb会議、ファイルの共同編集など便利に使い倒しています。

そんなMicrosoft 365が2024年4月に「20%の値上げ」になるようで、今回はその内容について解説いたします。

目次
  1. 価格改定の理由
  2. 価格改定の内容
  3. Microsaoft 365導入時の考慮
導入前に読んでおきたい!Microsoft 365
安全・快適を実現する7つのポイントガイドブック
ダウンロード(無料)

価格改定の理由

理由はMicrosoftからの発表内容を見れば明らかですが、要するに「為替」のようです。

Microsoftからの発表文

マイクロソフトは、ソフトウエアおよびクラウドサービスについて、現地価格の影響を定期的に評価し、地域間の合理的な整合性を確保しています。今回の変更はその評価の結果により、価格を米ドル水準に近づけて調整した結果です。今後も、米ドルに対する為替変動を考慮し、年 2 回の定期的な価格評価の一環として、現地通貨建ての価格を調整する場合があります。

出典:https://news.microsoft.com/ja-jp/2023/12/06/231206-information/

これまではあまり注視されてこなかった「為替影響」ですが、昨今の円安により、Microsoft製品だけでなくAmazon Web Servicesなどの外資サービスを導入する場合において、重要検討ポイントとする企業も増えているようです。

価格改定の内容

Microsoftは、2023年4月にも法人向けライセンス及びサービスの価格を改定しており、オンプレミス製品を20%、オンラインサービスを15%引き上げています。今回は、いずれも20%の引き上げとなり、2024年4月以降に契約・契約更新されるお客様に適用されます。

※ 各国の価格改定状況

通貨 クラウド製品の改定率 オンプレミス(買い切り)製品の改定率 変更日
ブラジルレアル(BRL) -7% なし 2024年2月1日
インドルピー(INR) 6% 6%
韓国ウォン(KRW) 8% 10%
ノルウェー クローネ(NOK) 12% 12%
スウェーデン クローナ(SEK) 10% 10%
ニュー台湾ドル(TWD) 7% なし
日本円(JPY) 20% 20% 2024年4月1日
中国人民元(CNY) 7% なし 2024年5月1日

出典:https://news.microsoft.com/2023/12/05/consistent-global-pricing-for-the-microsoft-cloud-2/

ご覧のとおり、日本だけ非常に高い値上がり率になっており、為替の影響を強く受けているのが分かります。なお、今回の価格改定で対象となるのは法人向けのライセンス・サービスのみであり、個人向けのMicrosoft 365ライセンスには影響しません(法人、公共機関、教育機関、非営利団体のお客様が対象)。

為替の影響で今後どうなるかは分かりませんが、Microsoft 365を検討している企業であれば、この値上げタイミング前に導入するのも一つかもしれません。

※ 2024年3月末までに契約すれば、次回更新日までは値上げ前の価格を維持できるのでお得です。

Microsaoft 365導入時の考慮

Microsoft 365の導入時に考慮しておいた方が良いことは、為替だけではありません。

  • Teams会議のネットワーク負荷には耐えられる?
  • シングルサインオンはどうする?
  • メールのセキュリティは大丈夫?
  • バックアップは必要?

などなど。意外にも、導入した後に慌てて対応を検討する企業も少なくありません。そんな「Microsoft 365ユーザの多くがつまずく代表的な7つのポイント」を1冊にまとめましたので、ご興味のある方は、ぜひダウンロードしてください。Microsoft 365導入のヒントになれば幸いです。