IIJ電子@連絡帳サービスとは?

IIJ電子@連絡帳サービスは、名古屋大学医学部附属病院 先端医療開発部 先端医療・臨床研究支援センターとの共同研究・開発により、全国の行政や医師会が「地域包括ケア」、在宅医療・介護連携推進事業をあまねく進められるよう、クラウド型サービスとしてIIJが事業化しました。

在宅医療・介護は、主治医、訪問看護師、ケアマネージャ、理学療法士、歯科医師、薬剤師、介護士など、多くの組織・事業所に所属する専門職が一人の患者さんを診ることで初めて成立します。その際、異なる組織に属し、さまざまな資格をもつメンバーが、患者さんの機微な個人情報を取り扱うため、セキュリティや災害対策に十分配慮した設計を行ない、各省庁の法令・医療情報関連などのガイドラインにも準拠しています。

IIJが得意とするクラウドやネットワーク、セキュリティの技術を用いて、2017年からサービスを開始し、2020年1月現在、全国約60の行政・地域でおよそ1万5000名の専門職が活用しています。

多職種間の情報連携と共有

ポータルサイト

いざ在宅医療を受けようと思っても、地域の当該機関が見つけられないこともあるので、行政から専門職や市民向けに地図や情報を発信する公開Webを備えています。地域のキャラクターや方言が取り入れられたユニークな「ポータルサイト」が全国で60以上稼働しています。

ログイン(セキュリティ)

専門職がログインし情報交換を行なう場です。ID・パスワードに加え、行政から発行された電子鍵が必要です。

患者登録と基本情報

要介護認定、在宅医療の開始、服薬情報の共有など、情報連携のタイミングに応じて、専門職の誰もが患者を登録し、連携を開始できます。住環境や家族情報、服薬状況など患者さんのケアに不可欠な基本情報も記録できます。患者さんを支援する専門職が市町村の枠組みを越えて連携する「広域連携」機能もあります。

掲示板(チャットツール)

患者さんの個人情報を扱う「患者」掲示板、専門職同士が地域課題や情報を交換するための「プロジェクト」、専門職同士が直接連絡を取り合う「メッセージ」の3つの情報共有機能があります。

写真、動画、ファイルなどの添付

長い文書より、患者さんの食事の様子(角度)を写した1枚の写真や歩行の状態を撮影した短い動画のほうが課題解決に役立つことが多々あります。文書に加え、写真、動画などのファイルを添付して投稿・検索できます。

各種モバイル端末への対応

電子@連絡帳は、パソコン、タブレット、スマートフォンに対応しており、場所と内容に合わせて各種デバイスからの閲覧・投稿が可能です。

特集イラスト/高橋 庸平

この記事を読んだらチェックしたいサービス

インターネット関連の最新情報「IIJ.news」をお届けします

本記事が掲載されているIIJグループ広報誌「IIJ.news」は、インターネット関連の最新動向や技術情報をお届けする小冊子で、2ヵ月に1回発行しています。

定期購読をご希望の方には無料でお送りしますので、ぜひお申し込みください。

掲載内容はIIJ.newsページでご覧いただけます。

※IIJグループ広報誌「IIJ.news vol.156」(2020年2月発行)より転載」