「経営戦略・IT戦略について考える」イベントレポート(前編)

情報システム部門の皆さまに、日々の活動や組織運営のヒントとなる情報をお届けする「IIJ 情シスBoost-up Project」。今回は、「経営戦略・IT戦略について考える」イベント前半の様子をレポートします。

<話者>
株式会社アクティオホールディングス 取締役 Chief Information Officer 井原 宏尚 様(写真左)
エクシオグループ株式会社 ソリューション事業本部 ICTエンジニアリング本部長 兼 ソリューション事業本部 ICTエンジニアリング本部 カスタマサービス部門長 DX戦略部 兼務 園 洋志様(写真中央)
株式会社 LIFULL テクノロジー本部 コーポレートエンジニアリングユニット ユニット長 籔田 綾一 様(写真右)
IIJ サービスプロダクト推進本部 コミュニケーションデザイン室 向平 友治

目次
  1. 経営戦略/IT戦略の策定単位・従業員への浸透度・実行度
  2. 戦略を検討、実行する組織体制(後編)
  3. 現場からのご要望への対応(後編)
  4. 戦略の存在意義(後編)

キーマンと語るトークセッションということで、IIJが情シスの皆さんを対象に独自に調査した結果をご紹介しながら、パネリストの皆さんと議論していきたいと思います。今日のテーマは3つ設けています。1つ目は「経営戦略の策定単位・従業員への浸透度・実行度は?」、2つ目は「IT戦略の策定単位・従業員への浸透度・実行度は?」、3つ目は「IT戦略で定義されている重要アクションは?」になります。

ここからのパネリストの皆さんをご紹介していきたいと思います。井原さんからお願いします。

井原様

井原様

アクティオホールディングスでCIOを務めている井原です。

園様

園様

エクシオグループ株式会社でDX戦略部というところにいます。園と申します。

籔田様

籔田様

ホームズでお馴染みの株式会社LIFULLで情シスの責任者させていただいています。籔田です。

経営戦略/IT戦略の策定単位・従業員への浸透度・実行度

早速、1つ目のテーマ「経営戦略の策定単位・従業員への浸透度・実行度は?」についてお話したいと思います。まずはIIJが情シスの皆さんを対象に調査した結果を紹介します。
「経営戦略は何年単位で策定されますか?」と尋ねた設問では、こんな結果になりました。

(クリックして拡大)

1年、3年、5年の単位で策定している企業が1番多く、5年以上の単位で策定している企業もあります。従業員規模別に見ても、色の分布が大きく変わっていないので、どの企業規模で見ても戦略を策定する単位っていうのは、1年、3年、5年の単位が1番多いという結果になります。

経営戦略・IT戦略について考える
~情シス座談会/キーマンと語るトークセッション~

続きを読む(無料)